トイレの水道に絡む問題は工事会社

水道を接続してある設備の中でも、大量の水を蓄えているのがトイレです。タンクレストイレなども出てきましたが、電気で制御しており、簡単に直すことができなくなりました。高機能になったことが、修理も複雑にしてしまい、工事会社に依頼しなければ直せなくなっています。

■毎日使うトイレの修理

トイレは、毎日使う設備で、使わない日はありません。自宅のトイレを使わないでも、他の場所で使用するはずです。トイレの大きな問題は、水量による圧力で流すところにあります。この水が漏れてきたりすれば、当然水浸しになります。
水が漏れると、どこかに流れていくのが問題です。行き場を求めて、床下やトイレの外に流れ出します。これがトイレの大きな問題点で、二次的な被害を広げるため、早急に修理しなければいけません。特に水道管から漏れだしているときや、便器やタンクにヒビが入っているときには、そのまま放置しておいても直ることはないため、できるだけ早い処置が必要です。止水栓や元栓を閉めて、被害の進行を食い止めます。集合住宅の場合には管理会社や大家などに連宅を取り、下の部屋などに被害が広がらないかどうかの確認もしなければいけません。そのうえで、工事会社の手配もすることになります。

■排水管のパッキンの交換も工事会社へ

水道のトラブルの怖いところは、ほんのわずかな隙間でも漏れてくるところです。水に隙間の大きさは関係がなく、本当にわずかでも流れ出してきます。圧力がかかる水道の場合、劣化している部分があれば、力が集中して漏れだすこともあるため、水が吹き上がることもトラブルとしては珍しくありません。
排水管との接続部分などのトラブルも、自分で直せない場所のひとつです。便器と排水管の間には、水漏れさせないためのパッキンがあります。このパッキンは、便器を外さなければ交換できません。仮に劣化していることに気がついても、素人ではまずできない場所です。床下との接続部でわずかでも水漏れを確認したときには、工事会社に依頼して修理してもらうといいでしょう。

■まとめ
トイレのトラブルは、簡単に直せる部分もあります。タンク内のゴムパーツなどであれば、ホームセンターなどでも手に入りますが、ほとんどは専門的な知識や道具が必要です。水が吹き上がった場合などの修理は簡単に行うことができないので、工事会社に連絡することになります。いざというときのために、電話番号など連絡先をメモしておくとともに、止水栓などの位置の確認をしておくことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ