水道工事会社に依頼するべきトイレの家電製品

トイレもどんどん高機能となり、最近ではウォシュレットも当たり前になってきました。普及率はどんどんと高まってきていますが、故障したときには、これまでのトイレとは違った対応が必要です。タンクレストイレなどでも同じことが言えますが、水道だけで動くわけではありません。電気で制御しているため、これまで以上に便利に使える分、構造が複雑になるので修理はどんどん難しくなり、専門の業者による工事でしか直せないことも珍しくなくなりました。

■普及が進んだウォシュレット

ウォシュレットは大変便利ですが、構造からみると複雑です。水を噴射する機能は、本来のトイレにはありません。水圧をかけて吹き出す装置ともいえますが、この力は電気があるからです。細かな部品で構成されており、故障すると簡単に直すことができません。
ウォシュレットで忘れてはいけないのが、家電製品だという点にあるでしょう。これまでは、水道を扱う工事会社が受け持っていましたが、家電製品として購入することも出てきました。修理も家電製品としておこなう方法もありますが、トイレの水回りとして使うことを考えれば、工事会社に依頼して点検を行うことができます。

■電気を使って制御しているタンクレストイレ

タンクレストイレは、既存のタイプに見られる背面部分のタンクがありません。トイレはタンクに水をためておき、水の力を使って流します。タンクレスはタンクがない代わりに、水道を直結して水圧の力で流しますが、この制御をするために電気を使っているのが特徴です。
背面部分から水漏れを起こしているときなど、わずかなものであっても、簡単に修理をすることはできません。タンク内にある部品を交換すれば済むといった程度ではすまず、かなりの手をかける必要が出てきます。電気を使うため、知識がなければ修理ができなくなりました。これまでのトイレの部品だけではなく、電気部品も必要になるからです。こうした点からも、異常が出たときには、工事会社に依頼して修理することをおすすめします。

■まとめ
電気を使うものが増えてきている中、自分で直せる部分はほとんどなくなってきています。内部でホースが外れ、水が漏れているとしても、そこには電気があり、漏電や感電の危険があるからです。どんどん知識が必要になり、これまで使ってこなかった道具や部品も必要なことから、わからないときには無理をしたりせずに工事会社に連絡して点検してもらい修理が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ